1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. 健康簡単クッキング
  4. お花見巻きずし、蛤と花生麩のすまし汁、春野菜の天ぷら、筍のうぐいすソース、さくらの淡雪かん

健康簡単クッキング

2015年スマイル春号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

お花見巻きずし、蛤と花生麩のすまし汁、春野菜の天ぷら、筍のうぐいすソース、さくらの淡雪かん

春夏秋冬。日本は四季を感じさせてくれる食材に溢れています。今回は、春の訪れ、生命の息吹を感じる春野菜メニューをご紹介します。

お花見巻きずし、蛤と花生麩のすまし汁、春野菜の天ぷら、筍のうぐいすソース、さくらの淡雪かん

作り方

春の食材 タラの芽
独特の香りとほろ苦さのあるタラの芽。旬は4~6月です。タラの芽には男女があり、男ダラ(オダラ)は女ダラ(メダラ)より棘が多く、栽培には女ダラが用いられます。苦味成分のエラトサイドには糖の吸収を抑える働きがあります。ほかにもカロチンなどを含んだ栄養価の高い食材ですが、カリウムやリンも豊富なので食べ過ぎには気を付けましょう。

1人分の総栄養価

メニュー エネルギー
(kcal)
たんぱく質
(g)
カリウム
(mg)
食塩相当量
(g)
リン
(mg)
お花見巻きずし 363 16.0 435 1.3 252
蛤と花生麩のすまし汁 22 1.9 63 0.9 34
春野菜の天ぷら 93 1.9 135 0.0 34
筍のうぐいすソース 46 3.3 244 0.2 66
さくらの淡雪かん 54 0.9 44 0.1 7
総栄養価 578 24.0 921 2.5 393

監修/指導

東京医科大学八王子医療センター

監修 腎臓内科
教授 吉田 雅治 先生 / 臨床講師 吉川 憲子 先生
指導 栄養管理科
主査 深谷 祥子 先生(管理栄養士) / 主査 永田 美和 先生(管理栄養士)
吉田先生(後列左から5人目)、吉川先生(後列左から2人目)、深谷先生(前列左から5人目)、永田先生(前列左から6人目)

吉田先生(後列左から5人目)、吉川先生(後列左から2人目)、深谷先生(前列左から5人目)、永田先生(前列左から6人目)

ページトップ