1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. クローズup PDホスピタル
  4. 熊本赤十字病院

クローズup PDホスピタル

2012年スマイル秋号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

熊本県

熊本赤十字病院

患者さんを幅広い視点で診ることで最適な治療を提案

日本赤十字発祥の地でもある熊本で、県内における急性期医療の中核病院として70年近くの歴史を持つ熊本赤十字病院は、「人道・博愛・奉仕」の精神のもと、患者さんに寄り添った診療を行っています。

説明をしっかりと行い最適な治療法を提案

透析を導入する患者数が全国平均の約1.4倍と高い状況にある熊本市では、CKD(慢性腎臓病)対策を積極的に推進しています。同院も市と連携しながらCKDの予防啓発活動や、保存期治療に取り組み、3年前からは腎臓病教室も行っています。また、腎不全の治療についても、腹膜透析(PD)、血液透析(HD)、移植と幅広く行い、「そのような状況下で、医師には腎生検から透析、移植まで腎臓病に関わることすべてに精通していることが求められます」と話すのは、総合内科部長の上木原宗一先生。「早期に腎臓病を発見し、継続的に治療を続けること、また、医師が総合的に知識を持ってアドバイスできることで、患者さんに最適な治療法を提示することができます」(上木原先生)。

半年ほど前に設置された療法説明外来では、治療法の選択肢についてゆっくり時間をかけて説明がなされます。「当院では、総合内科で患者さんをトータルに診断し、その一環として腎疾患を診るというスタイルをとっています。透析導入が視野に入ってきた患者さんには療法説明外来に来ていただき、専門医が説明を行っています」と話すのは、療法説明外来担当の川端知晶先生。「HDしか知らない方も多く、PDと移植のことも話し理解してもらった上で、患者さんの生活環境やご希望もうかがって、最適な治療法を導き出すようにしています」(川端先生)とのことです。

上木原宗一総合内科部長(中央)と豊田麻理子腎臓内科副部長(左)、川端知晶先生(右) 上木原宗一総合内科部長(中央)と豊田麻理子腎臓内科副部長(左)、川端知晶先生(右)
スタッフの皆さん スタッフの皆さん

PDで「自己管理」をすることが様々な面でメリットに

中には年齢を理由にPDを敬遠してしまう患者さんもいるそうですが、川端先生は「高齢の方は食事を摂り過ぎることも少ないですし、PDに向いていると思います」と言います。「PDに消極的な方でも、年齢だけで判断せず、体質や生活環境に問題がない方にはもう一度説明をしています。始めてみると案外長く続けられる方も多いんです」(川端先生)。同病院では現在、26名のPD患者さんのうち約3割が70歳以上の高齢者。80歳を超える方もいるそうで、上木原先生は「自己管理が習慣づけられると、患者さん本人の生活が前向きになり、結果として治療にもよい影響を与えます。患者さんが元気になっていく姿を見ることは、我々の自信にもつながっています」と言います。

さらに、腎臓内科副部長の豊田麻理子先生は、「PDには移植の前段階の治療としてもメリットがある」と話します。「当院では移植にも積極的に取り組んでおり、1ヵ月に2件程度行っていますが、移植後も自己管理は非常に重要になってきます。移植の前の治療にPDを選んだ方は自己管理が習慣化されているほか、治療に対する目的意識が高く、そのような点は移植にも活かされるのではないでしょうか」(豊田先生)。

各機関との連携で高齢患者さんの体に優しいPDの利点をさらに活かしたい

腎不全の治療として、移植を一番の選択肢、次に残存腎機能の保持を考えてPDが可能かどうかを検討するという同院。今後の可能性として、救急車で運ばれ緊急で血液透析を導入した方や、高齢で入院しながら血液透析をしている方などにも、PDを選択肢として提供するためには、「地域の医療機関や介護施設の連携が不可欠です。熊本県は先進的な取り組みを積極的に行う地域なので、今後に期待したい」と上木原先生は話します。

最後に、患者さんへのメッセージをうかがったところ、「PDはご自分の行いがすべて病状にはね返ってくる治療法。正しく自己管理を続けてほしいですね」と川端先生。豊田先生は「PDのよい所は患者さん一人ひとりの生活環境に応じた治療メニューをつくれるところです。しっかり自己管理をしながらもPDライフを楽しんでほしいです」と続けます。最後に上木原先生は「よい治療法だからこそ、すぐに中止しなければならないような状態になってはもったいないというのが我々共通の思いです。きちんと自己管理をすることで、長く続けられる。患者さんにはぜひその点を再認識して、日々のケアをしっかりと行っていただきたいと思います」と患者さんへのエールを送ってくださいました。

病院データ

熊本赤十字病院

熊本赤十字病院

  • 〒861-8520
  • 熊本市東区長嶺南2-1-1
  • 電話 096-384-2111(代表)
ページトップ