1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. クローズup PDホスピタル
  4. 新潟県立新発田病院

クローズup PDホスピタル

2013年スマイル秋号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

新潟県

新潟県立新発田病院

患者さんが生活を満喫できるように、チームワークでサポート

新潟県立新発田病院は、県北・阿賀北地域の基幹病院として明治以来、地域住民の健康に寄与しています。腎臓病の診療を担うのは腎糖尿病内科で、早くから透析医療に取り組み、今年5月に透析治療開始40周年を迎えました。同科はその名の通り、腎臓病の原疾患となることが多い糖尿病も併せて診療しています。

病診連携と各種セミナーで効果的な診療を

腎糖尿病内科は、現在3名の医師と17名の看護師というスタッフ体制のもと、腹膜透析(PD)・血液透析(HD)合わせて年間約40名の透析導入を受け入れています。副院長・地域連携センター長を兼務する本間則行先生が特に力を入れて取り組んでいるのが、地域との連携と疾患啓発です。地域連携では19ヵ所のかかりつけ医と連携し、腎糖尿病専門医の診察が必要な患者さんについては定期的に新発田病院で診察を受けてもらい、適切な時期に適切な治療ができる体制が整えられています。

また、慢性腎臓病(CKD)の啓発を目的とした合同市民公開セミナーをほぼ毎年開催、「市民の皆さんにCKDの概念を伝え、早期発見・早期治療の重要性を知っていただくことが目的です。CKDとは? に始まり、病気の概要や、日常生活の送り方、食事療法、薬の飲み方などを説明し、もし透析になってしまっても終わりなのではなく、ADL(日常生活活動)を高めて充実した毎日を過ごしてほしいということまで話します」と本間先生。来場者にわかりやすく印象に残るようにと寸劇も交えたこのセミナーは、参加者の評判も高く、リピーターも多いそうです。ほかにも院内で糖尿病教室等も開催、「患者さんに病気や栄養・運動療法の知識を身につける機会を数多く提供することは大変重要なこと」と強調します。

左から、腎糖尿病内科 中村 元先生、本間副院長(地域連携センター長)、山田綾子看護師 左から、腎糖尿病内科 中村 元先生、本間副院長(地域連携センター長)、山田綾子看護師
左から、樋口里美看護師、本間敬子看護師、山田綾子看護師、本間則行先生、永野敦嗣先生、森川明英子師長、小柴知美看護師、渡辺ひとみ看護師 左から、樋口里美看護師、本間敬子看護師、山田綾子看護師、本間則行先生、永野敦嗣先生、森川明英子師長、小柴知美看護師、渡辺ひとみ看護師

導入後の生活も考慮しながら患者さんと対話

一方、透析が必要となった患者さんへの説明について、本間先生は「PD、HD双方について平等に説明しています。これまでPDでADLを上手に維持できている患者さんを多く見ていますので、どの方にもPDができるということを伝えたいと思っています」と、透析看護認定看護師の山田綾子さんは「PDをご存じない患者さんも多く、『みんながやっている方法でいい』という理由からHDを選ぶ方もいらっしゃいますが、PDで日常生活を満喫している患者さんの例をお見せすると、関心を持たれる場合も多いです」と、透析導入後も患者さんに充実した毎日を過ごしてほしいというお二人の思いが伝わってきます。

同院のPD外来では「医師と看護師とである程度仕事の分担を行い、効率化・充実化を図っています。たとえば、出口部の観察などはまず看護師が行って、スケッチや写真などをあらかじめ準備してもらうことで、出口部に問題がある患者さんには時間をかけて個別に対応することが可能となっています」と本間先生。また、看護師も看護師同士でミーティングを行うなど、情報共有も積極的に行っています。

加えてこの地域特有のこととして山田さんは、「農業の方が多いため、季節の移り変わりとともに、透析を始めた頃の生活とその半年後の生活が大きく異なる場合もあります」と言います。「ですので、導入時には、職業や自宅での生活の様子を細かく聞き、毎月の外来でもご家族からも話を聞くなど『生活』をみて、何か問題があれば一緒に解決策を考えます」。

患者さんの道標になるよい人生を

今後の課題として、さらなる腹膜炎の予防対策や、病棟や栄養部門との連携の強化などを挙げた本間先生、「病棟と透析室のチームワーク、スタッフ同士の情報共有を一層強化していきたいですね」と山田さん。よりよい治療提供に向けて積極的な同院です。

最後に患者さんへのメッセージとして本間先生は「PDは素晴らしい治療ですし、後に続く患者さんたちの道標になるような、よい人生を送ってほしいと思います」と、山田さんも「いつでも手を広げて待っていますので、看護師に何でも相談してください」と笑顔で語ってくださいました。

病院データ

新潟県立新発田病院

新潟県立新発田病院

  • 〒957-8588
  • 新潟県新発田市本町1-2-8
  • 電話 0254-22-3121
ページトップ