1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. クローズup PDホスピタル
  4. 公益財団法人 天理よろづ相談所病院

クローズup PDホスピタル

2015年スマイル秋号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

奈良県

公益財団法人 天理よろづ相談所病院

PDを選んだ患者さんの気持ちに寄りそう「あきらめないPD」

天理よろづ相談所病院『憩の家』は、設立者の理念に基づき、患者さんに対して最大限の「親切」と「高度な医療技術」の提供をめざしています。腎透析科は、包括的腎代替療法を専門とし、院内の他科や近隣の病院から紹介されてくる、多くの腎不全患者さんの診療にあたっています。

個々の専門性を活かしてチームの総合力を高める

左から 副院長 兼 腎透析科 部長 金子嘉志先生、腎透析科 副部長 奥村紀子先生 左から 副院長 兼 腎透析科 部長 金子嘉志先生、腎透析科 副部長 奥村紀子先生

腹膜透析(PD)を腎代替療法の初期治療と位置付けている同院では、現在約70名のPD患者さんを診ています。阪神圏の都市部と、交通の不便な山間部の両方に近いという地理的な事情もあり、「仕事を今まで通りに続けていきたいという方から、病院に足を運ぶことが難しい高齢者の方まで、さまざまな方がPDを行っています。」と、腎透析科副部長の奥村紀子先生は語ります。

そのPD患者さんの良好な治療を支えているのが、さまざまな専門性を持ったスタッフの皆さん。「合併症をお持ちのことも多いPD患者さんの全身管理をするには、幅広い看護スキルが必要ですので、あえて専従スタッフは置かない方針」という同院では、混合病棟の看護師、泌尿器科や腎透析科の外来担当看護師が全員PDに携わる体制をとっています。その中でそれぞれが、勉強会担当、マニュアル作り担当など、役割分担をしてより良い看護をめざしています。半年に1回開催される「患者会」の担当もその一つ。「他の患者さんと話す機会が少ないPD患者さんにとって、貴重な情報交換の場になればと思います」と、看護師の斉藤夕紀さんは話します。

また、臨床工学技士のサポートも同院の強みです。「院内でPET検査の測定をして迅速に結果が出せるので、結果をより早く外来診療に活かしてもらえると思います」と臨床工学技士の高橋千恵子さん。「透析メニューの変更が必要な時には、オーダーメイドで患者さんへの説明用データも準備してくれます。このように個々の専門性を活かすことで、チームとしての総合力が高まると考えています」(奥村先生)。

「天理のPD」のノウハウでPD普及に寄与したい

左から大成看護師、斉藤看護師、高橋臨床工学技士、杉邑臨床工学技士主任(後列奥)、山崎看護師、西岡看護師長 左から大成看護師、斉藤看護師、高橋臨床工学技士、杉邑臨床工学技士主任(後列奥)、山崎看護師、西岡看護師長

現在では多くのPD患者さんを診る同院ですが、PD診療が始まったのは2010年ごろ。当時は、経験したことのない合併症を経験するなど、困難もあったと言います。しかし、一つ一つの問題に真摯に取り組み、原因を究明、治療方針を確立していくことで、医師もスタッフも共に成長できたと実感されているそうです。

その経験を踏まえ、同院は昨年、医療従事者にPDの研修を提供する『日本腹膜透析医学会 CAPD教育研修医療機関』に応募しました。「われわれのように短期間で多くのPD患者さんを診るようになった施設、これからPDを実施しようと考えている施設にノウハウを伝えることは、PDの普及に寄与できるのではないかと考えました」と、その動機を副院長兼腎透析科部長の金子嘉志先生は語ります。学会から認定を受け、実施している月1回の研修には、昨年1年間で全国から100名近くの参加者がありました。「研修の直後と、ご自身の病院に戻られた後に、この研修がどう役に立っているのか、アンケートに協力いただいています」(大成明香看護師)。結果は今後の研修内容の検討に役立てられるそうです。

さらに、この研修を院内の他科のスタッフにPDを知ってもらう機会としても活用してもらおうと、西岡典枝看護師長は、研修の開催報告とともに、他科病棟からの参加を呼び掛けています。

患者さんがPDを選んだ経緯や心情を考え、合併症にも真摯に向き合い克服する「あきらめないPD」を実践し、「天理のPD」とまで言われるほどに成長した同院のPD。PDの良さを実感する他科の先生方も増え、今では患者さんを紹介してくれるケースまで出てきているそうです。

奥村先生は「今後は、どの病棟でもPD患者さんをフォローできるよう研修とサポートの充実を図り、PD患者さんにとって本当の『憩の家』となるように、スタッフ一同研鑽を積んでいきたいと思っています」と結んでくださいました。

病院データ

公益財団法人 天理よろづ相談所病院

公益財団法人 天理よろづ相談所病院

  • 〒632-8552
  • 奈良県天理市三島町200番地
  • 電話 0743-63-5611(代表)
ページトップ