1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. クローズup PDホスピタル
  4. 公益財団法人 ときわ会 常磐病院

クローズup PDホスピタル

2016年スマイル春号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

福島県

公益財団法人 ときわ会 常磐病院

"一山一家"の理念のもと、地域の腎医療の中核を担う

常磐病院はかつて炭鉱で栄えた街、いわき市にある病院で、その理念は「一山一家(いちざんいっか)」。炭鉱で働く全ての人間は家族であり、お互いに助け合って生きていこうという精神を表した言葉です。その理念のもと、「浜通り」と呼ばれる福島県東部地域において、高度かつ"人にやさしい"腎医療の提供を行っています。

チーム医療、地域連携によってCKD患者さんを支える

インタビューに答えて下さった方々。 インタビューに答えて下さった方々。後列左から、荒井めぐみ外来看護師長、和泉沙衣内科外来看護師。前列左から、川口洋名誉院長、佐藤優子内科外来看護主任。

腎医療に注力している常磐病院には、保存期の慢性腎臓病(CKD)約500名、血液透析(HD)約600名もの患者さんが通院しています。これらの患者さんを支えるのは多職種からなるチームで、名誉院長の川口洋先生をリーダーとした3名の腎臓内科医と、看護師、栄養士、理学療法士、薬剤師、MSWから構成されています。

腎臓内科ではCKD外来を開設し、CKDの進行抑制に力を入れており、特に栄養管理については、腎臓専門の管理栄養士8名による体制で、外来受診ごとにきめ細やかな指導を行っています。さらに、2015年11月からは、CKD外来に加え、4泊5日の教育入院を開始。入院期間中に疾患や栄養管理を中心に、腎代替療法などについても時間をかけて説明を行います。これにより、患者さんがCKDについて理解を深めることで、進行抑制につながると共に、腎代替療法が必要となった時には、納得して治療を選択できるようになればと期待しています。

また、地域連携の取り組みとして、開業医を対象とした勉強会を開催するなど、地域のCKD患者さんが早期から適切な治療が受けられるように開業医との連携体制作りに努めています。「CKDの地域連携は全国的に見ても端緒についたばかりです。試行錯誤の連続ですが、地道に進めていきたいと考えています」と川口先生は話します。

PDはすべての患者さんにお勧めしたい治療法

腎病棟とCKD外来の看護師の皆さん 腎病棟とCKD外来の看護師の皆さん

常磐病院では腹膜透析(PD)を選択する患者さんはまだ少ないのが現状ですが、「高齢の患者さんが増加する中、PDが必要とされる場面もさらに増えてくると思います」と川口先生は話します。「PDは身体的な負担や時間的な制約が少ないので、旅行や仕事の継続を希望される患者さんに適していると思います。実際80歳代で体操教室や旅行を楽しんでいる方もおられますよ」と荒井めぐみ外来看護師長。さらに、内科外来看護主任の佐藤優子さんが「介助が必要な患者さんの場合、介護者のライフスタイル面でメリットにつながることもあります。仕事を持つ娘さんが、お母様の週3回の通院付添が難しく、夜と朝なら介助ができると、APDを選ばれたケースもあります」と述べるなど、同院では腎不全患者さんへより積極的にPDを紹介しようと考えています。

そのためにも、患者さんに、治療の選択肢についてより理解してもらうことが必要と、2014年2月より、看護師による腎代替療法の説明を開始しました。HD、PD、移植という選択肢の中から、生活に合った治療をじっくり考えて頂けるよう、冊子を活用したり、実際のPD患者さんの部屋の写真を見て頂いたりと、さまざまな取り組みがされています。「言葉による説明のみでは、PDは難しいという印象を持たれることもあります。そのためPDの説明の際は、カテーテルを装着したキューピー人形を使っています。具体的なイメージが湧くことで"自分にもできる"と思って頂けることが多いですね」と工夫を紹介してくださった内科外来看護師の和泉沙衣さんは、「いつも患者さんに安心して頂ける病院でありたい」と目標も話してくださいました。

佐藤看護師は「PDは自分らしい生活が可能な治療法ですので、全ての患者さんにお勧めしたいですね。患者さんから何を聞かれても答えられるように、努力していきたいです」、川口先生は「PDを導入している患者さんは、自分で医療に参加しているという意識をお持ちのためか、いきいきしておられるように感じます。同時に、高齢の方では、ご家族に負担がかかりすぎないような支援体制も必要だと思います」と患者さんへの手厚いサポートに余念がありません。荒井看護師長は「PD患者さんにはPDの利点を十分に生かして、前向きに人生を楽しんで頂きたいです。そして、いわき市へ旅行に来られて、PDで困ったことがあればどうぞ当院へ」とのメッセージを送ってくださいました。

病院データ

公益財団法人 ときわ会 常磐病院

公益財団法人 ときわ会 常磐病院

  • 〒972-8322
  • 福島県いわき市常磐上湯長谷町上ノ台57番地
  • 電話 0246-43-4175
ページトップ