1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2013年
  5. 個人差はある…

なんでも相談室

2013年スマイル夏号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

個人差はあると思いますが、5~7年ぐらいで腹膜透析から血液透析に移行することになると聞きます。その境目近辺には何か自覚症状が出てくるものなのでしょうか?

(68歳 男性 PD歴3年5ヵ月)

腹膜透析から血液透析へ移行する理由としては
1. 残腎機能および腹膜機能の低下
2. 被嚢性腹膜硬化症(EPS)を防止する
の2つがあります。前者の場合は、十分な透析効率が得られなくなってきますので、水分が過剰となった場合むくみ、体重増加等が見られたり、尿毒症物質が十分に除去されなくなった場合はかゆみ、だるさ等が見られたりすることがあります。
後者の場合は、透析期間が5~8年を過ぎるとEPSの頻度が増えてきます。嘔気・嘔吐・腹痛がEPSの症状ですが、このような症状が出てからでは遅いので、その前に腹膜機能検査を行って、腹膜機能の劣化の程度を評価し、移行するタイミングを検討することになります。

回答者
社会医療法人 北楡会 札幌北楡病院 腎臓内科 医長 伊藤 洋輔 先生

社会医療法人 北楡会 札幌北楡病院

腎臓内科 医長 伊藤 洋輔 先生

ページトップ