1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2014年
  5. 昔やっていた…

なんでも相談室

2014年スマイル秋号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

昔やっていた卓球をまた楽しみたいと思っています。全身運動になってよいのではないかと思っているのですが、PD患者には動きが激しすぎて適さないでしょうか?

(63歳 男性 PD歴8年)

腎不全で腹膜透析をしているからといって、安静にしている必要はまったくありません。むしろ安静によって筋力が低下し、結果として足腰の負担が増え、膝や腰を痛めたり、転んで骨折の危険が増えたりします。
運動のポイントは、いきなりがんばり過ぎないことです。楽しく、無理なく続けることが大事です。久しぶりの卓球であれば、体が疲れない程度から始めていただき、慣れてきたら本格的に楽しんでいただければよいでしょう。
卓球の動きが腹膜透析には適さないことはありません。しかし、ご自身の年齢や体力、お体の調子に合わせて無理せずに楽しんでいただくことが大切です。

回答者
三重大学医学部附属病院 腎臓内科 副科長・血液浄化療法部部長 石川 英二 先生

三重大学医学部附属病院

腎臓内科
副科長・血液浄化療法部部長 石川 英二 先生

ページトップ