1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2014年
  5. 出口部感染にならないよう…

なんでも相談室

2014年スマイル春号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

出口部感染にならないよう、毎日カテーテルの出口を自分で確認しましょう、と言われましたが、出口が赤くなっていること以外に、見るポイントはありますか?

(68歳 男性 PD歴2年3ヵ月)

カテーテルの出口部を毎日確認することは、出口部やカテーテルの入っている皮下の部分の感染(トンネル感染)、カテーテルの異常を早期に発見するために非常に大切なことです。出口部周囲の発赤以外に、浸出液がないか、膿や出血がないか、痛みがないか、周囲の皮膚の状態や引っ掻き傷がないか、などを確認することが出口部感染の早期発見のために必要です。その他、カテーテルに異常な力がかかることによるカテーテル損傷の有無や、カテーテルが引っ張られることによって、外部カフが脱出していないか等を確認することも大切なことです。いずれも、腹膜炎などの重篤な状態に発展する可能性がありますし、早期の対応が十分できないと、カテーテルの入れ替えが必要になる場合もありますので、異常を発見した際は、放置せず主治医の先生にご相談ください。

回答者
国立病院機構 北海道医療センター 腎臓内科 医長 山村 剛 先生

国立病院機構 北海道医療センター

腎臓内科 医長 山村 剛 先生

ページトップ