1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2014年
  5. 透析をしている人は心筋梗塞に…

なんでも相談室

2014年スマイル夏号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

透析をしている人は心筋梗塞になりやすいと聞いていますが、予防する方法はあるのでしょうか?

(64歳 男性 PD歴1年8ヵ月)

ご指摘のように、慢性腎不全患者さんは、心血管障害を起こしやすい状態になっています。そのため、心血管障害の有無は透析患者さんの予後を大きく左右します。PDはHDに比較し残存腎機能保持に優れ、QOLに勝る場合があり、循環器系への負担が少ないのですが、心疾患イベントの危険性もあります。特に冠動脈(心臓に栄養を送っている血管)の状態をしっかり把握することが重要です。心電図検査・心エコー検査・冠動脈CTなどで冠動脈病変を疑われる方(狭心症症状がある方はもちろんですが、糖尿病の方などで症状に乏しい方もたくさんいますので注意が必要)は、冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)や多彩な経皮的冠動脈治療(心臓カテーテル治療)が有用です。また、肥満の予防、カルシウム(Ca)・リン(P)・塩分などに注意した食事療法・薬物療法(特にPや血圧のコントロール治療薬)、適度な運動療法が大切で、冠動脈に限らず、全身血管の石灰化・動脈硬化などの予防が大切です。

回答者
大分県厚生連 鶴見病院 腎臓内科 部長 安森 亮吉 先生

大分県厚生連 鶴見病院

腎臓内科 部長 安森 亮吉 先生

ページトップ