1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2014年
  5. 時々、フィブリンが出ます…

なんでも相談室

2014年スマイル冬号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

時々、フィブリンが出ます。フィブリンが出ると、腹膜の寿命が縮まりますか?できるだけ、腹膜の寿命を延ばしたいと思っています。注意すべきことを教えてください。

(64歳 女性 PD歴1年)

フィブリン析出の原因としては腹膜炎や機械的刺激によるものが考えられます。フィブリン自体が腹膜の寿命にどの程度影響しているかは定かではありませんが、フィブリン析出予防としては腹膜透析液にヘパリンを添加する方法等が挙げられます。また、腹膜の寿命を延ばす方法としては、高濃度の酸性ブドウ糖透析液の使用を避けることがよろしいのではないでしょうか。できるだけ腹膜に刺激を与える物質を避けることや残存腎機能をできるだけ確保することが大事だと思われます。一方で、腹膜透析の治療が長期になってきますと、合併症として被囊性腹膜硬化症(EPS)が起こることがあります。その予兆として、フィブリンの析出が増加することがありますので、定期的に腹膜機能検査で評価してもらうのが望ましいと思います。

回答者
富士重工業健康保険組合 太田記念病院 腎臓内科 医長 大谷隆俊先生

富士重工業健康保険組合 太田記念病院

腎臓内科 医長 大谷隆俊先生

ページトップ