1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2015年
  5. 最近、少しずつクレアチニンの…

なんでも相談室

2015年スマイル夏号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

最近、少しずつクレアチニンの値が上がり、現在12~13程度になっています。大丈夫でしょうか?

(54歳 男性 PD歴5年8ヵ月)

残腎機能低下とともに血液データの悪化を認めますが、毒素処理に関し適正な透析が行えているかについては、残存腎と腹膜透析を合わせた総尿素クリアランス(体格あたりの尿素除去量:Kt/V)で評価します。日本透析医学会のガイドラインでは総Kt/Vが1.7以上を推奨しており、不足している場合、透析液量を増やす、交換回数を増やすなどの変更で透析効率を上げる工夫をします。ですが、これは小さい物質でみた効率で、β2ミクログロブリンのような少し大きな物質になると、腹膜から除去できる量が限られてきます。血中β2ミクログロブリン濃度が30mg/L以上が持続する場合や、透析効率が得られているようでも透析不足と考えられる臨床症状(栄養不良、貧血、尿毒症性心外膜炎など)が現れるようであれば、血液透析(HD)の併用や完全移行を検討されるべきでしょう。

回答者
静岡県立総合病院 腎臓内科医長 松尾 陽子 先生

静岡県立総合病院

腎臓内科医長 松尾 陽子 先生

ページトップ