1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2016年
  5. 出口部のガーゼを止める…

なんでも相談室

2016年スマイル夏号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

出口部のガーゼを止めるテープを貼っている部分が痒く、いつも掻いてしまいます。掻かずに痒みを抑える方法はないでしょうか。また、腎臓の悪い人は身体に痒みが出ると聞きましたが、なぜでしょうか?

(51歳 男性 PD歴6ヵ月)

皮膚の痒みは、腎不全の患者さんによく見られる症候です。血液透析(HD)やPDを受けている方の50~90%に痒みを認めたという報告もあります。痒みの原因はさまざまで、皮膚の乾燥や痒み物質の蓄積のほか、脳で痒みを感じやすい変化が起きていることなどが指摘されています。
引っ掻くことで一時的に痒みは治まりますが、皮膚に傷ができることでさらに乾燥しやすくなったり、皮膚に炎症を起こしたりするため、結果として痒みが悪化してしまいます。このため、掻かないことが治すための近道です。相談者様の場合、テープの刺激で痒みが誘発されている可能性がありますので、テープの種類を変えてみるか、出口の状態によってはガーゼやテープを貼らないこと、また、皮膚に保湿剤などを塗ることも有効と思われます。主治医の先生とご相談して、可能であればお試しください。

回答者
信州大学医学部附属病院 腎臓内科 橋本 幸始 先生

信州大学医学部附属病院

腎臓内科 橋本 幸始 先生

ページトップ