1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2017年
  5. 今まで、夜はお腹を空にしていましたが…

なんでも相談室

2017年スマイル秋号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

今まで、夜はお腹を空にしていましたが、先日から、夜に液を貯留するようになりました。すると、夜中に尿をしたくなったときに、すぐに行かないと少し漏れることがあります。お腹を空にしていたときにはそのようなことはなかったのですが、夜に液を入れていることが影響しているのでしょうか?

(79歳 女性 PD歴5年1ヵ月)

腹膜透析液をお腹に入れると、入れた分の1~2Lという重さが、そのまま重力として体に影響を与えます。お腹の天井部分である横隔膜を圧迫するため胸や肩の筋肉が重苦しく痛んだり、重さで背骨に負担がかかることもあります。骨盤下方に重力がかかると、骨盤の底にある骨盤底筋と呼ばれる袋状の筋肉が骨盤の底を支えきれなくなってきて、これが弱くなることで尿道の括約筋障害を来します。尿道括約筋は骨盤底筋の一部からできているため、これが弱くなると尿がとっさのときに漏れやすくなったり、膀胱脱、子宮脱といった骨盤底部から臓器がはみ出してくる病気にかかりやすくなったりします。筋力を訓練で強くする治療や、手術が行われます。

回答者
市立釧路総合病院 泌尿器科 統括診療部長 森田 研 先生

市立釧路総合病院

泌尿器科 統括診療部長 森田 研 先生

ページトップ