1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2017年
  5. 夜中に胃の辺りが痛み…

なんでも相談室

2017年スマイル春号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

夜中に胃の辺りが痛み、翌朝バッグ交換をすると排液が濁っており、即入院となりました。PDを始めてから初めてのことです。外部から菌が入らなくても腹膜炎を起こすものなのでしょうか。

(73歳 女性 PD歴5年8ヵ月)

腹膜炎を来たす原因としましては、外部から菌が入ってくる外因性の感染経路が最も多いです。この中にはカテーテル操作中に手や雑菌の多い外部との接触によって感染する"経カテーテル感染"と、体表面のカテーテル出口部からカテーテルの周囲を伝って感染する"傍カテーテル感染"とがあります。その他の原因として、頻度は多くないのですが、虫垂炎、憩室炎、胆のう炎などの腹部臓器の炎症が波及した内因性の感染経路もあります。PDではブドウ糖などの栄養分を含んだ、微生物にとって好都合な腹膜透析液を注入しますので、腹膜炎を起こしやすい環境にあります。腸管からの感染を予防するためには、できるだけ便秘を避けることが重要で、大腸検査などをされる際には検査前に抗菌薬を使用することも勧められています。

回答者
日本医科大学 多摩永山病院 腎臓内科 部長 金子 朋広 先生

日本医科大学 多摩永山病院

腎臓内科 部長 金子 朋広 先生

ページトップ