1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2017年
  5. APDの時、カテーテルの位置が悪いせいなのか…

なんでも相談室

2017年スマイル春号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

APDの時、カテーテルの位置が悪いせいなのか排液の時に少し痛みがあります。位置をよくするにはどうすればよいですか?

(20歳 男性 PD歴6ヵ月)

排液の時のみに痛みを感じられているのであれば、カテーテルの位置異常ではないかもしれません。カテーテルの先端がダグラス窩(腹膜腔の最下部)にある場合は、時として排液が終わる頃に、引っ張られる感じの肛門周囲痛を来たします。この位置では貯留しているほとんどの透析液が排液されることになり(腹膜透析の効率上は理想的なのですが)、いわば搾り取られるような痛みを感じる場合があります。APDの場合はこの対策として、タイダール法を利用することが有効です。これは各サイクルで完全に排液せずに、多少液を残しておいて次の注液に移る設定です。位置異常で痛みが生じている場合には、運動や便通管理で自然修復することもありますが、困難な場合はさまざまな外科的方法があります。まずはレントゲンでカテーテルの位置を確認してもらってください。

回答者
日本医科大学 多摩永山病院 腎臓内科 部長 金子 朋広 先生

日本医科大学 多摩永山病院

腎臓内科 部長 金子 朋広 先生

ページトップ