1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2018年
  5. 囊胞腎により腹膜透析(PD)をしていますが…

なんでも相談室

2018年スマイル春号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

囊胞腎により腹膜透析(PD)をしていますが、3人の子どもがおり、医師からは子どもに同じ病気が見つかるかもしれないと言われています。どのような検査を何歳ぐらいで行えばよいのでしょうか?予防はできるのでしょうか?

(61歳 女性 PD歴6年)

透析が必要となる囊胞腎の中で、最も多い常染色体優性多発性囊胞腎(ADPKD)として回答します。一般的にADPKD患者さんの子どもには、30歳を目安に腹部超音波検査を行うことが推奨されています。ADPKDでは、30歳を超えるとほとんどの場合に囊胞が見られ診断の精度が高くなり、またこのころから高血圧などで治療が必要になることが多いためです。しかし、お子様が健康診断で尿の異常や高血圧を指摘された場合、または腹部膨満、腹痛・背部痛などの症状があれば、早期発見・治療開始のためにも、10~20歳代でも検査を行うのが望ましいでしょう。この場合、検査で囊胞が確認できなくても、将来ADPKDに罹患しないとは断定できないので、30歳くらいで再検査を受けるようにしてください。ADPKDを予防することはできませんが、進行を遅らせる治療法はありますので、腎臓専門医にご相談ください。

回答者
奈良県総合医療センター 腎臓内科 医長 森本 勝彦 先生

奈良県総合医療センター

腎臓内科 医長 森本 勝彦 先生

ページトップ