1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2021年
  5. PDから血液透析(HD)に変えなければならない状態になると…

なんでも相談室

2021年スマイル夏号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

PDから血液透析(HD)に変えなければならない状態になると、何か自覚症状が出るのでしょうか?

(64歳 男性 PD歴6年11ヵ月 HD併用2年9ヵ月)

長くPDを行っていると尿量が徐々に減少します。また、腹膜透析液の長期の影響で腹膜に繊維物質が少量ずつ沈着して腹膜が分厚くなり、十分に除水ができない状態に変化(腹膜の劣化)する場合があります。こうした変化のスピードには個人差がありますが、通常5〜8年前後で現れてきます。残腎機能が低下したり腹膜の劣化が進行すると体に余分な水分がたまりやすくなり、手足のむくみが出たり、血圧のコントロールが悪化したり、貧血が進行して息切れが出たりします。また、体に老廃物がたまり、食欲が低下することもあります。このような症状が強くなってきた場合は、PDのメニュー変更で対応できる場合もあります。例えば、今行っていらっしゃるHDの併用もその1つです。それでも何らかの自覚症状が出るようでしたら、HDへの変更も含めてどの方法がよいか、主治医の先生とご相談してみてください。

回答者
富山市立富山市民病院 腎臓内科部長 大田 聡 先生

富山市立富山市民病院

腎臓内科部長 大田 聡 先生

ページトップ