1. 腹膜透析(PD)情報サイト トップ
  2. 快適な腹膜透析(PD)ライフのための情報誌「スマイル」
  3. なんでも相談室
  4. 2021年
  5. 食欲がなく、吐き気があります。…

なんでも相談室

2021年スマイル夏号
記事の内容、執筆者の所属等は発行当時のままです。

食欲がなく、吐き気があります。
囊胞が圧迫されているからとの説明を受けていますが、特に午前中の吐き気が強く少量ずつ飲食していても、姿勢を変えた途端に調子が悪くなったりします。
吐き気を止める食事や運動、その他の工夫はありませんか?

(57歳 女性 PD歴8ヵ月)

多発性囊胞腎で腎臓や肝臓の囊胞が大きい場合、おなかの張りや吐き気、食欲不振などの症状を訴える方が多いです。特に日中に透析液がおなかに入っていると、胃や腸の圧迫を強く感じて症状が出やすいようです。食事については軟らかくて消化が良く、おなかへの負担が少ないものを中心に、ある程度時間をかけてゆっくり食べられるとよいと思います。また、便秘はおなかの張りが強くなりやすいため、カリウム値が高くなければ、野菜など繊維の多いものをバランス良く摂取して予防することも大切です。PDの工夫としては、日中に透析液を入れるよりも、夜間に自動腹膜灌流装置で行う透析(APD)の方が、腹圧が上がりにくいとされています。日中の透析液の量を少なめにし、夜間のAPDを多めにするといった調整が可能な場合もあるので、主治医の先生にご相談ください。

回答者
富山市立富山市民病院 腎臓内科部長 大田 聡 先生

富山市立富山市民病院

腎臓内科部長 大田 聡 先生

ページトップ